WordPressアップデート・スキン変更につき、レイアウト修正中

【海外生活】海外移住したらApple Storeが使えなくなった?!

ミュージック海外生活

海外移住にキラキラとした憧れがあったり、実際に海外で生活することにメリットもありますが、それと同時にデメリットも出てます。

今回は、日本から遠く離れたブラジルに移住した筆者が感じたデメリットのひとつである「Apple ID」についてを、そしてその解決方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

トラブル①:Apple Storeのアプリが買えない

私はパソコン(Mac)をはじめ、iPhone・iPad・iShuffle…と、もう何年も愛用しているAppleユーザーです。

短期で行く海外旅行では、いつも持っていく iPhoneや iPadの時刻が自動的に現地時間に切り替わって「便利だなー。すごいな、Apple!」と思っていたくらいで、特に何ひとつ不便を感じることはありませんでした。

 

スマホ

 

しかし、日本を離れて暮らしていると「おや…?」っと思うことに遭遇。そういえば、日本を離れてから iPhoneや iPadで(Macでは試していない)アプリが買えなくなったなーと…。

アプリ購入&ダウンロードをしようとすると、以下の画面のようなメッセージが表示されて拒否られます。しかも、その現象が起こるのは何故か iPadだけという不思議。

(画面に表示するメッセージは移住先であるブラジルの現地語・ポルトガル語です。)

 

Apple store
画像:iPadの画面スクショ

 

普段メインで使う iPhoneではこのようなことは起こらなかったし、iPhoneでアプリを購入すると iPadも同期してそのアプリが iPadにも表示される(ので、使える)。ですので、すぐにこの問題を解決をしようは思わずスルーしていました。

めんどくさいことは後回しにするタイプなので。笑

 

 

トラブル②:Apple Musicが聴けない

そんなとある日、日本にいる家族から「Apple Musicのファミリープランに仲間入りする?」と嬉しい連絡がありました。Apple Musicは日本にいた時も(ファミリープランではなく)使っていたので楽しさを知っています! でも、海外移住のタイミングで解約していたんです。

また色んな音楽が楽しめるー!いゃっほーい ٩( ᐛ )و ♫ と わくわくしファミリープランに仲間入りし、覗いてみるも… どれもこれも再生しない。当時ダウンロードしていた音楽すら再生不能。

 

amuro
画像:Apple Music - ポルトガル語で表示するエラーメッセージ

 

アムロちゃーん、なぜー…?!

これはいよいよ問題を解決しなければいけない時期がやってきたのか…と、調べてみることに。

 

 

 

デバイスが「自動的に」現地設定に

海外旅行に行くと iPhoneなどの時刻が自動的に現地時間に切り替わるように、日本からブラジルへ移住してから Apple IDの設定(国・地域の設定)が自動的に切り替わったようです。たぶん…。

ただ、iPhoneも iPadも いずれも「国・地域」の設定を変更をした記憶はないので、何故 iPadだけがそのようになってしまったのかは不明です。

 

女性

 

たとえ「国・地域」の設定が変わってしまっても、移住先の国・地域で使うアプリ(Uberやスーパーマーケットのディスカウントアプリなど)は問題なく機能しますし、他にもご本人が困らないようであればそのままで大丈夫でしょう。

ただ、そのままでは日本のApple Storeで購入することができません。日本にいた時のように日本のApple Storeで購入を続けたい場合は設定を変える(戻す)必要があります。

 

勝手に変わった設定を直さなければいけないって、なんだか腑に落ちないけど。

 

ユーザー側としては不便にしか感じないけど、なんやら利権やら著作権やら、大人の事情が絡んでいるようですね。詳しくはわかりませんが。

 

 

 

【設定変更方法】Apple IDの「国・地域」をチェックしよう

では、どうやって自動的に変わったIDを戻すのか。iPhoneの画面スクショでの変更手順になりますが、iPadでも変更箇所は同じだと思います。

 

【設定】-【Apple ID、iCloud、iTunes StoreとApple Store】をクリックすると、この画面が表示します。そしたら【iTunesとApple Store】をクリック。

apple
画像:iPhone - 設定変更①

  

② 表示している自身の【Apple ID】をクリック。

apple
画像:iPhone - 設定変更②

 

【Apple IDを表示】をクリックすると、名前などの個人情報を入力する画面に切り替わります。そのあとに、請求情報 → 国・地域情報の設定が続きます。

apple
画像:iPhone - 設定変更③

 

上記のように設定変更をしたら Apple Musicを聴くことも Apple Storeでアプリを購入&ダウンロードすることもできるようになりました! 思ったより簡単だった。

やったよ、アムロちゃーん!

 

amuro
画像:Apple Music - 無事アムロちゃんの歌声が聞こえた!

 

まとめ

今回は「不便だな、このやろー」的な記事になってしまいましたが(笑)このID切り替えをうまく使えば日本のApple Storeにはない海外アプリの購入も可能になるということですね!

日本のApple IDの他に海外用(現地用)のApple IDを作成すれば、そのような運用も可能なようです。海外アプリを購入しようとする時に新規のID登録ができるみたい。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました