WordPressアップデート・スキン変更につき、レイアウト修正中

【海外生活】ブラジル人は時間にルーズ!約束を守らない 〜 ブラジル人の習慣や性格

約束海外生活
スポンサーリンク

約束を破るのは当たり前?

日本からブラジルへと移住し、なかなか大きなカルチャーショックにも陥りましたが、やはり日本とブラジルとで大きく異なる習慣や文化が原因となりました。その異なる習慣の中でも、今回は「時間」について書いていきたいと思います。

さて、日本にいると外国人は時間にルーズ!ということを耳にすることがありますね。

ブラジル人も大いにそれに当てはまります。ブラジル人はその日その時の気分で予定を決めることが多いですから、約束なんてびっくりするくらいサクっと破ってしまいます。もちろん全員がそうではありませんが、割合的に多いんじゃないかな…。

 

ピンキー

 

そもそも「約束」をしている意識がないのかもしれませんね。だから破っているつもりもない。もしかしたらそんな感じかもしれません。それもまたひどい話ですが。汗

例えば、何かイベントがあったり一緒に遊ぶ約束をしていて「行く行く!もうすぐ家出るよー!」なんて言った矢先…

やっぱりめんどくさいなー 行くのやめるわ。

みたいな。

日本人の感覚からしたら「いやいやいや…あんた!!!」とツッコミを入れたくなるようなことがしばしば目の前で起こります。いわゆるドタキャンですからね、相手にも失礼でしょ!?と思うのですが、おそらくそういった感覚がないのでしょう。

 

スケジュール帳

 

約束自体も前もってしているわけでなく、出かける直前に「これから○○行くけど、どう?」みたいに連絡することも多いです。そして友人が行けないと残念がる。それであればもっと早くに連絡して約束しておけばいいものを…しないんです。不思議で仕方ない。

とまぁ、これらはブラジル人である私の夫の話なのですが…。夫の周りの仲間たち(ブラジル人)もそんな感じ。友達ですから同じタイプの人間が集まっているのかもしれませんね。

 

 

 

「テラスハウス」でお勉強

そんな夫と一緒にNetflixで「テラスハウス」を何シリーズにも渡って観ています。夫にとって「テラスハウス」は日本人の性格や習慣なんかを学ぶ良いツールになっているようで、ただ、これを言われたときは本当に驚きを隠せませんでした。

 

tv

 

日本人ってちゃんと日にちとか時間を決めて約束するんだね!

…て、えーーーーーッッ!?!?!!衝撃的すぎて絶句。打撃強し。笑

 

 

 

時間を守らない① 「もうすぐ」っていつ?

ポルトガル語で「もうすぐ着くよ!」は Já estou chegando! です。日本人の感覚であれば「もうすぐ」と言えば「あと数分で着くのかな?」と考えるのが一般的だと思いますが、ブラジル人はこの感覚が非常に長い!全然着きません。

 

 

今でこそ慣れましたが、これも夫との喧嘩のひとつ。

何がもうすぐよ!全っっ然帰ってこないじゃない!?何回ウソつけば気が済むの!?

とまぁこんな感じで何度も怒り爆発。一番遅いときは連絡がきてから5時間後の帰宅ですからね。「5時間」=「もうすぐ」はどうしても結びつかない。

 

これに関してはポルトガル語を習得しきれていない私のせい… すなわち「言語」の問題… と思っていました。動詞 estar + 現在分詞 (chegando) という文法の意味や感覚は他言語圏出身の者には理解し難い。そうなんだと思っていました。

しかし!違ったのです。

 

文法

 

日本語や日本人感覚がわかっているブラジル人の友人にそれを聞いたら「文法の問題じゃなくて、単純にブラジル人の性格の問題だよ!」という返事。

到着まであと5分だろうが30分だろうが、はたまたもっと長い時間であろうが、一括して Já estou chegando!(もうすぐ着くよ〜)なんだとか。どうやって時間を判断しているのかを聞くと、どの友人が言ったのか、その友人の性格から判断してどの程度で到着するかを予想するんだそう。

 

言葉はあってないようなものだね。

 

Estou chegando (動詞estar + 現在分詞) のような文法は進行形表現ですので「今、到着しようとしている = もうすぐ着く」と考えがちですが、少し先の未来のことを表す言い方なので、彼らブラジル人が言っていることは文法的には決して間違っていないわけです。

 

ひげめがね

 

"Estou chegando" と言って現地を出発するときもあれば、先ほど書いたように5時間後に到着というのもありますし… 文法理解の問題ではなく完全に性格の問題というわけですね。いずれも夫の話ですが。

 

ブラジルではバスも電車も時刻表がないよ。到着時刻を守れないからなんじゃない?って友達が言ってたけど本当かな?笑

 

 

時間を守らない② "開始予定時刻"はあってないようなもの

ブラジル人はとってもお祭り好き!事あるごとに Festa! Festa!! Fasta!!! 

 

パーティー

 

しかし、そんなフェスタ(パーティー)好きであっても時間通りには集まりません。むしろ、時間通りに集まらないのが「普通」というのがブラジル人の常識のようです。開始予定時刻の1時間半〜2時間が経過したくらいから徐々に招待客が集まり始める感じでしょうか。

 

私たちの結婚お披露目パーティーのときもそんな感じだったよ。

 

日本からブラジルへ移住してまもない頃でしたので、ブラジル人のそんな "常識" なんて知るわけもなく。遅れることが当たり前…とはいえ、予想を遥かに超えて遅れてくる。

お祝いの席なのにイライラしか募らず、開始予定時間から1時間半が過ぎたところで私が痺れを切らせてお料理をスタートさせてもらいました。招待客が全員揃ったのは予定時間から2時間半が過ぎた頃だったと記憶しています。しっかりと時間前に到着していた日本人ファミリーには申し訳ない気持ちでいっぱいでしたね。

 

パーティ

 

当時は「私たちの結婚は祝福されてないのかな…だからパーティにも予定通り来ないのかな…。」と落ち込んだりもしましたが、今となればイライラ&凹み損だったとすら思えます。

 

ブラジル人には自分が幸せならそれでいい!周りは気にしない!みたいな気持ちが根底にある(気がする)ので、そう考えるとこれらの行動にも納得してしまいますね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました