WordPressアップデート・スキン変更につき、レイアウト修正中

【海外生活:ブラジル編】時間にルーズ?約束を守らない? 〜 ブラジル人の習慣や性格

約束海外生活
スポンサーリンク

約束を破るのが当たり前?

「外国人は時間にルーズ!」などと耳にすることがありますが、ブラジル人もそれに大いに当てはまると思います。

ブラジル人はその日・その時の気分で予定を決めることが多いので、約束なんてサクっと破ります(笑)もちろんブラジル人全員がそうかと言われるとそうではないと思います。ただ、割合的に多いな…という感覚。

.

ピンキー

.

そもそも約束をしている意識がないのかもしれない。だから破っているつもりもない。もしかしたらそんな感じかもしれないですね。それもまたひどい話ですが。笑

例えば、何かイベントがあったり一緒に遊ぶ約束をしていても

Xigue

行く行く〜もうすぐ家出るよー!

なんて言っている側から、急に気分が変わったのか…

Xigue

やっぱりめんどくさいなー。行くのやめる。

みたいな。

日本人の感覚からしたら「いやいやいや…、あんた!!!」ってツッコミを入れたくなるようなことがしばしば起こるわけで。いわゆるドタキャンですよ。相手にも失礼でしょ!?と思うのですが、そうゆう感覚がないんですよね、きっと。

.
スケジュール帳
.
約束も数日前(事前)からしているわけではなく、出掛ける直前に友人に電話をして「これから○○に行くけどどう?」みたいな連絡をすることも多いです。で、友人が行けないと残念がる。笑 だったらもっと早くに連絡を入れて約束を取り付けておけばいいものを…しないんですよね。不思議で仕方がないです。

これ↑は旦那の話ですが、旦那の周りの仲間たちもいつもそんな感じ。ただ、彼らがそうだからってブラジル人全員がそう!と決めつけるのは違うとは思いますが、彼ら以外にもそんな人が多くいるように感じてしまうのは… 偏見でしょうか。笑

.

.
.
そんな旦那と一緒にNetflixで『テラスハウス』を何シリーズにも渡って見ているのですが、日本人の性格や習慣なんかがすごく勉強になっているようです。ただ、これを言われたときには驚きを隠せませんでしたね。

Xigue

日本人はちゃんと日にちや時間を決めて約束するんだね!

て、えー…?!笑

時間を守らない① 「もうすぐ」の解釈

ポルトガル語で「もうすぐ着くよ〜」という意味の "Já estou chegando! "。「もうすぐ」ということは「あと数分で到着するかな?」と日本人感覚であればそう考えるのが普通ですが、この「もうすぐ」っていう時間の感覚がブラジル人は長い!全然着かない!!

今でこそ慣れましたが、これも旦那と喧嘩になった原因のひとつです。

mic

全っっっ然帰ってこない!! もうすぐって何時よ?!?! 嘘つかれたのかな?!

みたいな。笑

..
文法
.
ただ、これに関しては『言語』の問題だと思っていました。estar(estou) + 現在分詞(chegando) というポルトガル語文法が持つ意味や感覚は、他言語圏出身であった場合に理解するのが難しい…。そういった類のなのかと。

.
それを日本語(感覚含め)のわかるブラジル人の友人に話したら「そんな難しいものではなくて、単純にブラジル人の性格の問題だよ!」という返事をもらって逆に?ショックを受けました。笑

あと5分で到着する場合でも、あと30分かかる場合でも、あと1時間かかる場合であっても "Já estou chegando"(もうすぐ着くよ〜)なんだとか。どの友人が言った「もうすぐ着くよ〜」なのかその人の性格で判断して、あとどのくらいで到着するのかを予想するそうです。

.

"Estou chegando(estar+現在分詞)"のような文法は進行形表現ですが、意味としては『少し先の未来のことを表現する』ので、彼らが言っていることは文法的に間違っていないと言えばそうなのですが。んー、なんとも…。

.

ちなみに、ブラジルではバスも電車も『時刻表』がありません。到着予定時刻を守れないからなのかどうかは不明ですが。笑

.
.

時間を守らない②  開始予定時刻はあってないようなもの

ブラジル人はお祭り好きなので、事あるごとにフェスタ!フェスタ!フェスタ!

ただ、そんなフェスタ(パーティ)であっても時間通りには集まらない。むしろ『時間通りに集まらないのが普通』というのがブラジル人の常識です。だいたい開始予定時刻の1時間半〜2時間が経過したくらいから招待客が集まり始める感じですかね。

.

mic

私たちの親族向けの結婚お披露目パーティもそんな感じでした。

日本からブラジルへ渡航してまもない頃だったので、ブラジル人のそんな常識なんて知るわけもなく。遅れることが当たり前…。しかも、遅れるレベルが想定外。

お祝いの席なのにイライラしか募らず、開始予定時刻から1時間半が過ぎたところで私が痺れを切らせてパーティのお料理をスタートさせてもらったのですが、招待客が全員揃ったのは開始予定時刻から2時間半が過ぎた頃だったような。予定時刻前に到着してくれていた日本人ファミリーには申し訳ない気持ちでいっぱいでしたね。

.
パーティー
.
当時は「私たちの結婚は祝福されてないのかな…。だからパーティにも予定通り来ないのかな…。」なんて落ち込んだりもしましたが、今となればイライラ&凹み損だったなー!とすら思えます。

それに慣れてきてしまっている自分もなんだか少し嫌な気もしますが。笑.
.

..

ブラジル人には「自分が幸せならそれでいい。周りは気にしない。」みたいな気持ちが根底にある気がします。そう考えると、これらの行動に納得してしまうような…気も。笑

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました