WordPressアップデート・スキン変更につき、レイアウト修正中

【海外生活:ブラジル編】旅行者も要チェック!ブラジルのトイレ事情

トイレ海外生活

日本から遠く離れたブラジルへ移住。移住前の旅行でもショックを味わいましたが、実際に現地で生活をしてみて、お伝えしたいトイレ事情が山のようにあります。笑

日本のトイレの清潔さや設備の良さなど、使い慣れたものとは大きく異なるブラジルのトイレ事情を紹介します。

 

スポンサーリンク

基本ルール:トイレットペーパーは水に流さない

ブラジルでは個人の自宅(戸建て・マンション)や公共トイレでも、基本的に使用済みトイレットペーパーは備え付けのゴミ箱に捨てます。生理用の汚物入れは見かけませんね。同じゴミ箱へポイッ!です。

 

トイレ 貯水タンク

 

でもトイレットペーパーを水に流さないのはブラジルに限ったことではないですね。水圧や排水処理能力の問題なので、たとえ水洗トイレであっても日本のようにトイレットペーパーを流さない国や地域も多いはずです。

日本のトイレに慣れているとそれ以外の環境や習慣にはなかなか慣れにくいものです。抵抗感は満載ですが、案外慣れるものです!笑

 

 

驚き① トイレットペーパーがない

日本の公共トイレでも備え付けのトイレットペーパーがないところもありますよね。それでもやっぱりブラジルは「ない確率」が高いように感じます。

 

トイレットペーパー

 

もちろん備え付けられている所もあるよ。でも、ないことを前提に考えているせいか、あったらあったで「ラッキー!」って思っちゃう。笑

 

もしトイレットペーパーがなくて「あぁ、残念☆」とかのんきなことも言っていられないので(笑)外出時には必ずポケットティッシュを持ち歩いています。日本での外出とは違い、かばんを持たずに出掛けることも多くなりましたが、その場合でも必ずポケットにティッシュを忍ばせています。

 

 

以前使用した公共トイレではトイレットペーパーはあることはありましたが、トイレの個室の外にチェーン鍵がかけられた状態で設置されていました。使用前に必要な分を取ってから個室に入るスタイルです。

トイレットペーパーが備え付けられていないところが多いのは、なんともブラジルらしい理由ですが「盗まれるから」なんだとか。だから初めから用意していないんでしょうね。

 

 

驚き② 便座がない

トイレットペーパーがないのは予想できても便座がないのは全くの想定外!!笑 初めてこの場面に遭遇したときは本当に衝撃でした…。

 

女性

 

あれは忘れもしないリオデジャネイロのとあるバー。公園など野外の公共トイレではなく、バーです。屋内です。日本でいう居酒屋的なお店。

 

そこですらこうなんだから… もう嘆くしかない。

 

便座はないは、トイレットペーパーはドアの上に設置してあるは、鍵は掛からないは…と、なかなか想像を絶するトイレでした。

その頃はまだブラジルへ移住する前の旅行だったということもあり、このようなトイレに免疫(?)もなかった頃ですからね。本当にショックでした。

 

heart

 

この便座がない理由もトイレットペーパーと同じく、「盗まれる」からなんだとか。もしくは「盗まれた」から。「いやいや、便座なんて盗まないでしょ?!」と思うかもしれませんが、ブラジルはそれが有り得る国なのです…。

どこもかしこも便座がないわけではないですが、今では便座がないくらいで驚かなくなりましたね。強くなったなぁ、私。笑

 

トイレットペーパーがなければポケットティッシュを持ち歩けばいい話。でも、さすがに便座は持ち歩けないですからね…。だけど、なんとかしないとお腹が痛くなってしまうわけで、人間ってのは試練を乗り越える力があるんです!

 

便座がない場合は、骨盤を立てるように空気椅子をすると上手に用を足すことができるよ!笑

 

 

驚き③ ドアが閉まらない

上にも書いたようにドアは鍵があっても掛からなかったり、ドア部分がすりガラスだったり、ドアではなくアコーディオンカーテンだったりシャワーカーテンだったり。ちゃんとした素材のドアであっても隙間が空いていたりと、言い出せばキリがないです。笑

 

ドア

 

ドアの隙間に関しては海外のトイレではよく聞く話ですね。足元部分が大きく空いている所もよくありますし。犯罪予防なのかな?

ドアのあれこれに関しては諦めの気持ちでいっぱいで、だんだん気にしないようなります。そうせざるを得ないというか…。気にしても仕方がないし、誰かが覗いているわけでもない。たとえ見られたとしても見た人も気にしないんじゃないかな。

 

ブラジル人は他人のことなんて気にしないからね!(いい意味でも悪い意味でも。)

 

 

自宅トイレあれこれ

まずはトイレットペーパー。日本からブラジルに移住したての頃、トイレットペーパーがペタンコに潰された状態(芯が筒状に戻されていない状態)でペーパーホルダーにセッティングされていたのです。

 

この頃はカルチャーショックもあり精神不安定で、少しのことでもイライラしてた時ですね。苦笑

 

「頭おかしいんじゃないの!これじゃクルンクルンって回らないでしょ!?」と思わず心の声が漏れてしまったことも…。主人にキレた後に納得したのですが、商品の時点でペターンと芯が潰れています。こんな感じに。

 

トイレットペーパー
画像:ブラジルのトイレットペーパー
トイレットペーパー
画像:こんな感じで潰れています。

 

芯が丸いと商品としてもスペースを取るので賢いといえば賢いんですけどね。日本でもこういった商品はあるのかもしれないけど、今まで芯が潰れていないタイプしか使ってこなかったので思わず旦那にキレてしまった次第です。笑

 

便座
画像:ソファに鎮座する便座(笑)交換前にパチリ。

 

便座はプラスチック素材のような、見るからにちゃちい…素材の便座もブラジルではよく普及しています。我が家は私の渡伯を機に日本で普及しているような素材のものに交換!

日本でも便座交換の経験はないですが、ブラジルでは便座交換にしろ何にしろ、日本ならすぐに設備屋さんに依頼するようなことも何でも自分でやるんだなーという印象です。

 

ブラジル標準じゃなくて、我が家標準ね。

 

ブラジル人に聞いたブラジルのトイレ vs. 日本のトイレ

ブラジル人である主人に「ブラジルと日本の公共トイレの違いや印象」を聞いてみたところ、想像通りというか、わかっていた通りの答えが返ってきました。

 

日本のトイレ

サンパウロにある日本の文化施設「Japan House」のトイレにはウォシュレットがついてるよ!(そこ以外では今のところ見たことがない。)

 

ブラジルのトイレ

めっちゃ汚い!めっちゃ臭い!(すごくアピールしてた。笑)

 

 

 

「ブラジルの公共トイレは絶対使わない!使いたくない!」という友人もいますが(気持ちはわかる)、私はよほどのレベルでなければイケるので、適応能力が高いなーなんて思ったりします。笑

汚いトイレで用を足したらからといって死ぬわけじゃないですしね。でもやっぱり自宅のトイレが一番落ち着きます。

 

 

まとめ

これだけ書いておいてなんですが、ショッピングセンターや比較的新しい大きな施設などはこの限りではありません。悪いところだけピックアップしましたが、安心して用を足せるところも多いです。

自分ではどうすることもできないものは諦めるしかありませんが…、トイレのせいでせっかくの楽しい旅行やお出かけが嫌な気分になるのは残念ですからね。ポケットティッシュを持ったり心の準備をしておけば最低限のことは乗り越えられると思います!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました