WordPressアップデート・スキン変更につき、レイアウト修正中

【海外生活:ブラジル編】自殺シャワー?!給湯設備がない?? 〜 ブラジルのお風呂事情に迫る

pool海外生活

日本から遠く離れたブラジルへ移住。筆者は日本での生活が長いので(ブラジル以外の国で暮らしたことはない。)移住してからというもの、日本とは違う環境になかなか慣れずにいました。

今では「その違いがまたおもしろい!」とポジティブに考えることができますが、移住当時はそんな余裕はなく…愚痴や不満でいっぱいでした。笑 

今回はその慣れなかったこと、愚痴や不満のタネであったお風呂事情について紹介していきます。日本の“当たり前”が当たり前じゃない!そう思ったことの一つでもあります。

 

スポンサーリンク

蛇口の謎のFマーク

日本からブラジルへ移住してまもない頃、洗面所である疑問が湧きました。

 

蛇口のこの「F」ってなんだろう? なんの略?

蛇口 Fマーク
画像:我が家の蛇口(ちょっと汚いのは見逃してね…。)

 

しばらく使っていて気づきましたが、これは Fresco [フレスコ] の頭文字。Frescoは「冷たい」を意味するポルトガル語です。そう、冷たいのです。お湯は出ません。

よく考えたらキッチンも水しか出なく、でもお風呂のシャワーはお湯が出るので(出なかったら泣ける。)そんなに不思議に思うことはありませんでした。

でも、ふと…。

あれ? 我が家って給湯設備がないような…??

 

 

給湯設備がない?

我が家はブラジルの一般庶民が暮らすようなごく普通のマンションです。エントランスにはセキュリティの方がいたり、共有スペースにはサロンやプール、ジムやプレイルームがあったりと、庶民が暮らすには十分なお家です。

サロンやプール、ジムやプレイルームがあるといっても決してお金持ちというわけではなく、ブラジルのマンションはこれらが備わっているところが一般的です。

 

日本でいうところの「マンション」は、ブラジルでは/ポルトガル語では「apartamento [アパルタメント] 」と呼ばれます。

 

 

shampoo

 

でも(という言葉がここで正しいのかはわかりませんが)、我が家にはガス給湯設備はありません。不思議に思って家中を探しましたが見つからず、ブラジル人である主人に聞いてみました。

 

私

うちって給湯器なくない? これって普通?

夫

うちはガスじゃなくて電気で給湯してるよー!

 

電気給湯の家も決して珍しいわけではないようですが、日本と同じようにガス給湯の家もあるようです。我が家はお風呂のシャワーも電気給湯。イマドキな感じで言うと「オール電化」というところでしょうが、シャレたイメージは皆無ですね。笑

 

 

"自殺シャワー"とは一体…?

さて、怖いタイトル。笑

実際にシャワーの写真を見てもらうと同じことを思うと思います。「水回りに電気を使うなんて…怖っ!」って感じですよね?このタイプのシャワーは水回りに電気なんて…自殺でもするのかよ?!と言われたのが所以らしく、巷では自殺シャワー(Suicide Shower)と呼ばれているようです。

 

画像:我が家のシャワー。現在では壁の穴は塞がっています。笑

 

これが我が家のシャワーです。壁から電気の配線を引っ張ってシャワーに繋げる。なんだか理科の実験でやったような…。これとこれを繋ぐと電気が流れる…コイルがなんちゃら…的な。

それに「壁の穴そのままじゃん(空いてるじゃん!)」とお思いでしょうが、こんなの全然普通です。日本だったらで確実に欠陥住宅と呼ばれるでしょうが、まぁ慣れって怖い!笑 ブラジルがどうこうというより、これはうちの主人の性格でしょうね…。

 

そして、それに慣れてしまう嫁(わたし)

 

日本式シャワーの取り付け

以前はホースが付いていないプールやビーチに備え付けられているようなシャワーでしたが、それにはどうしても慣れることができず。苦で苦で仕方なかった思い出が…。

ブラジルへ移住する前、何度かブラジルに遊びに来ていました。ただ、この "プールシャワー" が嫌で嫌で仕方なかったんです。なので、主人が日本に遊びに来たときに一緒に日本式?のシャワーヘッドを買いに行ったことがあります。

 

oil

 

その後、主人はブラジルへ帰国し、「シャワー変えたよ!ホース付きだよー♫」と連絡をくれていたので移住前からシャワーに関しては安心しきっていたのですが…、んーちょっと違う。何かが違う。確かにホースは付いているのに!

どうやら日本で買ったシャワーヘッドはブラジルのシャワーにはうまく取り付けることができなかったようですね。変えようとしてくれたその努力だけは感謝しようかな。

 

 

 

我が家の"自殺シャワー"について

我が家のシャワーをご紹介します。

ホースの先端にある突起で ON ⇄ OFF を切り替え、シャワーを出したり止めたりします。今や愛着すら湧か…ないですが(笑)これだけでも "プールシャワー" とは快適さが大きく異なるので良しとします。

 

シャワー
画像:我が家のシャワー

 

このタイプのシャワーはホームセンターなどでもよく見かけます。はじめは日本のシャワーと比べて不便しか感じませんでしたが、こちらブラジルではごくごく一般的なようです。

さらに、我が家のシャワーは10分続けて出すと停電するというシステム…。電気が流れすぎて火事になるのを防止しているのかも?!という説もありますが、本当かどうかわかりません。

 

これに関してはうちのマンションだけかもね。

 

はじめの頃は何度も停電させていたけど、今では節水の基本である「流すときだけ出す!洗うときにはすかさず止める!」を忠実に守り、停電を回避しています。

停電防止だけではなく節水にも繋がるので良いことといえばそうなのですが、毎回ビクビクしながらシャワーを浴びているので心からのリフレッシュはできていない気がします。シャワーでリフレッシュを求めるなんてことがここでは間違いなのかもしれませんね…。悲しい。

 

シャワー

 

我が家の"自殺シャワー"の愚痴り(笑)ポイント

  • ホースが取って付けたかのよう(写真の通り)
  • 温度調整は冷たい・ぬるめ・熱め の3段階
  • 水圧が弱い(強くするとぬるくなる)
  • デザインがおしゃれじゃない(写真の通り)
  • 10分出し続けると停電する

 

愚痴りに加えるとしたらブラジルは電気代が高いこと。現地の人にとっても電気代は悩みの一つみたい。

 

 

高級マンションや高級ホテルなど、または生活水準が異なればもちろん事情も異なるでしょう。でも現地の一般家庭、少なくとも我が家のお風呂&シャワー事情はこんな感じです。

日本のシャワーとは違うけど案外慣れるものです(慣れるしかない、という説も。)

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました