WordPressアップデート・スキン変更につき、レイアウト修正中

【海外で携帯電話を使う】SIMカード購入!現地携帯が使えるようになったよ

携帯電話海外生活

もはや現代人に欠かせないものの一つとも言われるスマホ。

日本からブラジルへ移住するにあたり、心配すぎて本当にたくさん調べました(笑)日本で使っていた携帯をどうするのか?現地で使う携帯はどうしたら良いのか?

それらをクリアし、やっと現地でSIMカード購入。ここでは、ブラジルのSIMカードや携帯の端末規格などを紹介しています。

スポンサーリンク

移住してから"現地ケータイ"を持つまで

スマホ

ブラジルへ移住して5ヶ月目。

現地でケータイが使えるように、ようやくSIMカードを購入しました。

移住してからというもの "現地ケータイ"の必要性をあまり感じなかったので、急いで用意することはありませんでした。

なぜなら!日本で使っていたiPhone(SIMフリーではない)をWiFi環境で使っていたから。

日本の家族や友達との連絡、SNS利用も全く困ることはありませんでしたね。

それに移住先であるブラジルはあまり治安が良くないので、盗難がすごく怖かったんです。

ケータイ、特に iPhoneは高価なものなので、狙われやすいんだとか…。

iPhoneを持って出かけることはほとんどなかったよ!

写真はWiFi機能搭載のデジカメで撮って、家でスマホ転送。それで十分だったんだ〜

ケータイについて渡航前に調べたこと

スマホ

調べる度にメモがてら残していたので「まとめ記事」にはなっていません。

悪しからず。。

日本にいるときにこんな感じで準備して、今に至ります。

ブラジルでSIMカード購入・設定

スマホ

私が購入したのは Vivo(ヴィーヴォ)というラテンアメリカで一番大きな携帯会社のプリペイド式SIMカード。

SIMのことをブラジルでは Chip(シッピ)って言うよ〜

SIMカードは携帯専門店ではもちろん、コンビニやキオスクのような売店(Banca)など、街の至る所で販売しています。

私も街角のBancaで買いました。

お値段は10レアル(現在のレートで日本円換算約300円)とお手軽!

プリペイド式なので、データ容量がなくなったらチャージ。

もちろん月額契約している人も多いようですが、プリペイド式を使っている現地の人も多いようです。

これがSIMカードだよ(カードはもう抜き取ってあるけど)

スマホ
ブラジルで買ったプリペイド式のSIMカード

PINやPUKコードなど、設定に必要な情報はカードに書いてあります。

設定時にケータイ画面に表示される言語や確認音声は当然といえば当然かもしれませんが、全てポルトガル語。

設定方法はこのカードにやり方が書いてありますね。

ポルトガル語がわかれば難しいことはなさそうでした。

というのも… 私はブラジル人の主人に全部お願いしたから、実は詳しくはわからないの(笑)

ブラジルで購入したSIMカードを使う場合、設定時にブラジルのCPF(納税者番号)の入力が必要です。CPFがないとSIMカードを買っても使えません。

現地ケータイ端末の購入

phone

前述したとおり、ブラジルは治安があまり良くありません。

残念ながらスマホの盗難も多いみたい。

万が一盗難されても(金額的に)凹まないものを!と思い、ブラジル移住前にヤマダ電機オリジナルの「SIMフリースマートフォン Every Phone」をSIM契約なしで購入していました。

必要最低限の機能は備わっているし、万が一の時にもダメージも少ないはず!

スマホ
ヤマダ電機オリジナル格安スマホ「SIMフリースマートフォン Every Phone」

iPhone一筋だったので格安スマホについて何も知りませんでしたが、「格安スマホ」と呼ばれるだけあってほんとに安いんだなと驚きました。。

あっ!もちろんブラジルでもスマホの購入はできます。

ただ、iPhone以外では日本語対応の機種を探すのは難しいかもしれませんね。

私が買った「Every Phone」はもう市場にないみたいだから、他の格安スマホを紹介するね。

13MPメインカメラ |5150mAhバッテリ |OS: Android 12 Go|SIM1 +ハイブリッド(SIMまたはMicroSD)スロット |デュアル4G|プロセッサー
3GB 32GB 4G LTE Windows 10 Mobile対応

ケータイ端末をブラジル国外で購入する場合の注意

携帯電話

たとえ日本で端末を購入しても、規格が違えば残念ながらブラジルでは使用できません。(ブラジル以外の海外も然り。)

規格は商品情報に記載されていますし、わからなければお店の人に聞くと良いです。

丁寧に教えてくれるはず!

ブラジルで使うならこれをチェック!

  • 電波の周波数帯がGSM規格〈GSM 850/ 900/ 1800/ 1900 MHz〉であること。
  • SIMフリーであること。

SIMカードのサイズは(Vivoに関しては)普通サイズ・Micro・Nano と自分でサイズカットして使うタイプだったので、スマホ選びにはさほど困らないかも。

現地ケータイの初期費用

携帯電話

私はケータイ端末を日本で購入。SIMカードはブラジル現地で購入。

「海外で携帯電話を使う」って難しそうなイメージがありましたが、案外簡単。

しかも安く使い始めることができるのがわかりました。

初期費用10,000円ちょい。安い!

  • ケータイ端末:10,000円くらい
  • Vivo プリペイドSIMカード:10レアル(日本円換算約300円)*インターネット利用500MBまで。その後は必要に応じてチャージ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました