WordPressアップデート・スキン変更につき、レイアウト修正中

海外在住者必見!日本の自動車免許証更新について調べたよ

license plate手続き

日本から遠く離れたブラジルへ移住し、数年が経過。その間にも着々と日本の自動車免許証更新の年が近づくわけで。もちろん失効なんてしたくない!

そこで今回は、海外在住者は日本の免許証更新をどうしたらよいのか?ということを調べました。

私の移住先であるブラジルは「ジュネーブ条約」に加入していないので「国際免許証」は有効ではありませんし、そもそも私は現地で運転もしていません(したくない。笑)そのへんのことも含めて、紹介していきます。

 

スポンサーリンク

【日本在住者】自動車免許の更新について

渡伯前は会社の斜向かいに運転免許試験場がありました。その頃は休憩中にサクと行ける距離でしたが、今はサクッとどころか(ブラジルから日本まで)24時間以上の移動時間を要するわけで…。笑

 

日本にいる方はこちらの警視庁サイトを参照すると良いでしょう。

 

 

たとえ事故や交通違反を起こさなくても、更新期間中に更新することができないと免許を「失効」して「再発行」扱いになるんですかね。新しく免許証を手にすることはできますが、ゴールドではなくブルーになります…。

あれは悲しかったなぁ…。(経験済み)

 

【海外在住者】自動車免許を更新をするには

海外に住んでいようが住んでいまいが、居住地は問わず、自動車免許の更新期間はご自身の誕生日を挟んだ2か月間になります。(2002年の道路交通法改正より現法となる。)

 

 

ということは、海外に住んでいる人はこの2ヶ月の間に一時帰国をしなければいけないということですね? 海外にいながらにして更新できる方法はないんだろうか…。

そして、私のように日本に住所を有しない人(住民票を抜いている人)であっても、以下のとおり、免許更新は可能とのこと。よかった!

 

更新期間中に日本に一時帰国される場合、日本に住所を有しない方でも、帰国中の一時滞在先を住所地として免許証の更新を行うことができます。

引用:外務省(https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/kaigai/licence/index.html#section5)

 

ただし私の場合は、免許記載の住所(海外移住前の住所)と一時滞在予定の場所(実家)が異なるため、住所変更手続きも必要になるよう。

 

一時滞在先と免許証上の住所地が異なっている時は、免許証の住所変更手続きや追加書類が必要になります。

引用:外務省(https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/kaigai/licence/index.html#section5)

 

日本に住所がなくても更新できることがわかって、とりあえずよかった!

 

 

【海外在住者】万が一、更新期間内に更新できなかったら

ただ、この更新期間の2ヶ月っていうのも長いようで長くない。個々人さまざまな事情があるでしょうし、なんせ世の中は新型コロナウイルスの影響で海外への渡航が非常に困難な時期ですからね。

果たして、私の免許更新時期には苦労することなく海外渡航ができるようになっているのか、否か。

 

 

調べたところ、海外在住等で更新期間中に更新できなかった場合でも、新たに免許証を手にすることはできるようです。しかも、試験も免除! ただし、たとえ事故や交通違反を起こしていないゴールド免許保有者であっても、新たな免許証はブルーになるはず。そう、過去の私のように…。

 

参照:外務省(https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/kaigai/licence/index.html#section5)

 

②③に書いてある「当該事情が止んでから」ってこれね。

なお、海外滞在の場合、免許が失効した後最初の一時帰国のときが「当該事情が止んだとき」となります。

引用:外務省(https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/kaigai/licence/index.html#section5)

 

ということは、2018年に日本からブラジルへ移住した私は ②までしか有効にならないということですね。少なくとも執筆している今現在から3年以内には日本へ一時帰国して、免許更新をしなければいけないということです。

 

 

ブラジルにおける「国際免許証」について

結論から言うと、「国際免許証(国外免許証)」を取得しても、ブラジルではそれを以っての運転はできません。

日本国内のように免許証が "本人確認" として有効な書類の一つとして認められるのであれば、ブラジルへ移住する前に取得しようと考えていました。でも、ブラジルでは使うことができないので手続きをすることなく終了。 

 

 

こちらの文面は『ブラジルで発行される免許証が日本でも有効か?』ということが書かれていますが、逆も然り。重複しますが、日本で発行された免許証を持っていてもブラジルでは有効にはなりません。

 

日本ではジュネーブ条約(1949年)に加盟しているので、ジュネーブ条約(1949年)基づいて発行されている国際免許証のみが有効です。しかし、ブラジルはジュネーブ条約(1949年)は加盟していないので、ブラジルは日本で有効な国際免許証を発行することができません。

引用:国際免許ポータル(https://kart.st/jp/drivers-license/brazil.html)

 

ふむふむ…。

 

ブラジルはウイーン条約(1968年)の加盟国ですが、日本はウイーン条約(1968年)の加盟国ではありません。ウイーン条約(1968年)に基づいて発行されている国際免許証は、日本では有効でありません。

引用:国際免許ポータル(https://kart.st/jp/drivers-license/brazil.html)

 

違う条約に加盟しているから有効にならないんだね。

 

「国際免許証」や「ジュネーブ条約」についてはこちらの外部リンクをどうぞ。他力本願のようですが(笑)専門的な記事を読んだ方が早いと思うので。

 

 

ブラジルの運転免許証への切り替え

もちろん一概には言えないですが、でもやはり一般的にブラジルは(ブラジル人は)運転が荒いと感じます…。もちろん車があれば行動範囲が広がり便利になりますが、うーん。。現時点では、運転したいと思えません。

 

 

でも有効な日本の運転免許証(国際免許ではなく、国内用の免許)を持っている場合は、ブラジルの運転免許証への切り替えも可能なようです。試験などの使用言語はすべてポルトガル語ですが、申請や取得にかかる手続き自体はそんなに難しくなさそう。

覚書がてら、リンクを貼っておきます。

 

まとめ

執筆している現時点では免許更新はしていませんが、無事に更新することができたらその時のことをまた記事に残す予定です。

このパンデミックは残念ながらすぐに終わりそうもないので、渡航時(入国時)の2週間の隔離が必要になるのかどうかなど、心配がつきません…。免許更新のためだけではなく、一日も早いパンデミックの終息を願ってやみません!みなさんも、どうぞご安全に。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました