WordPressアップデート・スキン変更につき、レイアウト修正中

【語学学習】日本人が苦手なLとRの発音(注:英語学習ブログじゃないよ)

オレンジ ざくろポルトガル語
スポンサーリンク

日本人が苦手な発音LとR

日本人(*) が英語学習をする際の問題として必ずといって挙がるのが「L」と「R」の発音についてじゃないでしょうか。

なぜLとRの発音が難しいのか…そんな謎を紐解くわけでもなく。そもそもこちら、巷によくある『英語学習支援ブログ』ではないので悪しからず。笑.

mic

(*) ここで言う「日本人」は『日本語母語話者』という設定で話を進めていきます。

発音 練習

.

日本語は流音音素としてら行のみが存在するため、日本語話者の耳には流音の調音方法の違いの区別が困難であり、いずれもら行の音に聞こえる。英語の l と r がその代表的なものである。
(引用:Wikipedia - 流音

Wikipedia先生の言う通りなので、ここに私が補足する必要もないですが(笑)日本語には "一種類の"「ら」しかなく、たとえ "L寄り" に発せられた「ら」であっても "R寄り" に発せられた「ら」であっても日本人は "同じ"「ら」として認識するというもの。

"一種類の" というと語弊があるかもしれませんが、日本語の「ら」が持つ許容範囲が広いとも言えるし、まぁなんていうか心が広いっていうんですかね。笑

.

.

あらゆる言語を文字で表記

この表は『国際音声記号』というもので、日本語や英語などあらゆる言語の「音声を文字で」表記したものです。こういった勉強もしてきたんですけどね、今その時のことを思い出しながら必死に書いています。笑.

発音 音声記号

画像引用:Wikipedia

.

日常会話の中で舌や口の中の動きを意識して言葉を発している人はなかなか稀だと思いますが、「音」っていうのは舌を口の中のどこで、どのように動かして発するかによって変わってくるんです。そういったのが一目でわかるように作られたのがこの表ですが、決して一目では…(モゴモg。。 専門的すぎて暗号のようにしか見えません。

何故か見づらい色をチョイスしてしまいましたが(笑)表中の黄色線で囲った7つの記号。「異なる記号」=「異なる音」なのですが、日本語の「ら」はこれらをすべて許容するっていうんだから本当に心が広い!笑(二回目).

.

mic

音声学の授業は「言語の肝!」と思って楽しかったのですが、この事実↑を知ったときは正直ショックでしたね。。

この7つの異なる音は日本人の感覚からいうと「ちょっと訛ってるかな?どこ出身かな?」「若干聞き取りづらい気も…」と思うほどでもなく!!よ〜〜〜く聞けば違いがあるものの、私たち日本人はこれらを一括りで「ら」と認識するというわけなのです。

まさにこれ。

ほとんどの言語に「R」の音が含まれるものの、同じような発音は非常に少ない。口の一番奥で発音するのも「R」なら、唇で発音るすのも「R」だ。舌を細かく振動させるいわゆる巻き舌、空気の通過をしっかりふさぐ舌、空気を少しだけ通す舌、あるいはまったく何もしない舌など、舌の関わり方も様々だ。それでも私たちはだいたいどれも、同じ音のバリエーションだと認識する。
(引用:BBC.com(News Japan)

.英語や、例えば私が暮らすブラジルではポルトガル語が公用語になるのですが、そういった日本語以外の言語ではそれぞれ異なる音として認識されているわけなので、、、そりゃ発音で壁にぶつかりますよね!っていう話。笑

..

.

ポルトガル語の「オレンジ」が難しい

ブラジルでは「ジュース」といったら絞りたての「フレッシュジュース」が一般的で、オレンジやスイカなど絞っただけのものがスーパーマーケットなどでも気軽に買えます。家庭で作って飲むのも一般的。一年中オレンジもスイカも日本より随分お手頃価格で買えるので、我が家でもよく作って飲んでいます。

mic

て、ここでは「ブラジルのジュースは美味しいよ!」っていう紹介ではなく…。笑.

オレンジ ジュース

.

ジュースはポルトガル語で Suco(スッコ)といい、オレンジジュースは "Suco de laranja(スッコ ジ ラランジャ)" といいます。この Laranja の発音がまぁ難しい!!

「ら」の発音*クリックすると発音記号まで大きく見えます。
.
.
.

.

Laranja を日本語読み(カタカナ)すると "ラランジャ" ですが、一つ目と二つ目の「ラ」は発音記号を見てもわかる通り異なる音。いずれも日本語にはない「ラ」の音で、最後の「ジャ」も日本語の「じゃ」ではないのです。

今現地のレストランで働いているんですけどね、メニューに Suco de laranja(オレンジジュース)があるんです。オーダー確認の時もテーブルに提供する時もなかなかうまく言えなくて。「ラランジャ〜 ららんじゃ ララんじゃ〜」って合間に練習しては同僚に聞いて「この発音で合ってる?」「ううん、違う」の繰り返し。笑

.

英語もそうだと思いますが、「R」に比べて「L」の発音が比較的難しくない理由は日本語の「ら」に近い音だから。なので、今まで Laranja の一つ目の「ラ」は日本語の「ら」だと思っていたのですが「違う!」と指摘されて不意打ち…。.

Xigue

違う、「ラッ」!ラランジャ!ラランジャ〜!

mic

らー? ラッ! らっラッラッー?? ラらんじゃ〜?!

日本語にない=耳慣れない「ラ」の音は聞き取るのも難しいし、使ったことのない舌の動かし方をして発声するわけなので発音練習をしているだけで口の中が疲れる疲れる。笑

.

スマイル

.

ポルトガル語は英語のような強弱アクセントではないしスペイン語のように巻き舌を使う発音もなく、比較的日本語読みに近い発音をするだけで「Seu português é muito bom!(ポルトガル語めっちゃ上手じゃん!)」と言われるほど(笑)日本人には易しい言語ではないかな〜と思います。

ただ、すべて日本語読みかっていうとそうではないので(私にとって)難しい発音は「L」や「R」以外にもあるんですけどね。全世界が一つの言語しか話さなかったらこんなに苦労しなかったのになー、なんて。。笑

.

.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました