WordPressアップデート・スキン変更につき、レイアウト修正中

海外で働く!初めての海外就労とブラジルの雇用システムについて

コーヒーショップ海外生活

日本から遠く離れたブラジルへと移住し、現地語であるポルトガル語にも苦戦しながら忙しい日々を送っていました。そろそろ働こうかな〜と思っていた矢先に見つけた求人ポスター。「働きたい」と声をかけて、早速翌週からお仕事開始!ラッキーでした。

海外で働いた初めての経験でもあったので、今でもとてもよい思い出です。

今回は、南米・ブラジル(サンパウロ)の雇用システムやブラジル人と一緒に働いたときのことをあわせて紹介していきます。

 

スポンサーリンク

労働者の権利!ブラジルの雇用システムについて

ブラジルでは正社員雇用されていれば保険加入や Décimo Terceiro Salário(デッシモ テルセイロ サラリオ)と呼ばれるボーナス制度があったり、有給休暇を1ヶ月丸々取ることもできます。

 

仕事の同僚

 

Décimo Terceiro Salário(デッシモ テルセイロ サラリオ)は日本のボーナスのように業績などによって金額が上下するものではなく、その名の通り Décimo Terceiro = 13番目Salário = 給料 なので、支給額は月給と同じです。1ヶ月の有給休暇も義務ですから、実質11ヶ月働いて13ヶ月分のお給料をもらえる計算になりますね。

うらやましい制度!

 

 

訴訟大国ブラジル!!

ブラジル

.

ブラジルでは雇用主からの給与支払いに遅れが生じたり、休暇を取得できない環境だったりと、労働者の権利を少しでも脅かすことがあろうものなら雇用主はすぐに訴えられるそうです。訴訟されるとたいてい雇用主は負けることになるので、それで労働者の権利が保たれているんだとかなんとか。

雇用主も戦々恐々だね。

 

ブラジルへ移住したばかりの頃、知人から「ブラジル人は訴訟を起こすのが好きなんだよ!」と聞いたことがありました。なんでかなー?と不思議に思っていましたが、店舗経営している日本人の知人から同じ話、さらには訴えられた人の話なんかも聞いて深く納得…。

 

 

有給休暇で気持ちよくオンオフの切り替え

コーヒーショップ

 

日本でも有給休暇の制度がありますが、職場によって取得しづらい雰囲気があったりもしますよね…。あなたの職場ではどうでしょう。

「仕事が忙しすぎて休んだら仕事が回らない!」
「自分で自分の首を締めるだけ!」「だから取得しない!」

「上司や先輩が取ってないから取得しづらい…。」
「たくさん有給取ってると、どこからともなく嫌味が聞こえてくる…。」

こうゆう環境はちょっと…ね。

かくいう私は有給休暇すべてを計画通りに使い切るタイプでしたが。笑

 

男性

 

ブラジルの職場ではそんな陰険な雰囲気は微塵も感じませんでした。「自分がいないと仕事が回らない。だから休めない!」という人は皆無でしたし、欠勤者の穴は出勤している人でカバー。いなけりゃいないでなんとか回るんですよね。

.休暇予定日が他人と被るから他の日にする or 他の日にしなければいけない、というのもあまりありませんでした。休みたい日に休む。

出勤したらあまりにも人がいなく「今日こんなに休みなの?!」とびっくりした日もありました…。そんな日に出勤した人はハズレくじを引いた感満載になりますが(笑)だからといって誰も文句を言うこともなく、そういった意味ではみんな平等だな〜と。

 

他の企業はわからないけど、あくまで私の職場の話ね。

  

 

まとめ

arrows

 

ブラジル人でも日本人のように勤勉で真面目に仕事に取り組む人もいるし、責任感の強い人、気配りができる人、空気が読める人もいる。ブラジルはラテンで陽気なイメージがありますが、テキトーな性格の人達で溢れているわけではありません。笑

なんというかオンオフがすごくはっきりしているという感じでしょうか。一緒に働いていても気持ちのいいものでしたね。6ヶ月間という短期就労でしたが、私にとって海外で働いた初めての経験だったので今でも感慨深く良い思い出です。

  

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました