WordPressアップデート・スキン変更につき、レイアウト修正中

【海外生活:ブラジル編】現地で働く!仕事を休む! 〜 海外で仕事をしてみて

コーヒーショップ海外生活
スポンサーリンク

ブラジルの雇用システム

ブラジルの雇用システムについては私もまだまだ詳しく知りませんが…、基本的にはアルバイトはなく、正社員として雇用されるというのが一般的らしいです。

条件は雇用先によって多少異なると思いますが、正社員雇用であれば保険にも加入できたり、Décimo Terceiro Salário(『13番目の給料日』)と呼ばれる日本でいうボーナスのようなものがあったり、1ヶ月まるまる休暇を取得することができたりします。

Décimo Terceiro Salário は日本のボーナスのように業績などによって金額が上下するものではなく、『13番目の給料日』ということで、月給額がそのままもらえるとのこと。それに加えて、1ヶ月間の休暇(分けて取得してもOK)も労働者の権利!.

実質11ヶ月働いて、13ヶ月分の給料をもらえるということかー!

仕事の同僚

.

給与の支払いが遅れるとか、休暇を取得できないとか、そういった労働者の権利を少しでも脅かす?ものがあれば、雇用主はすぐに訴えらるそうです。訴訟大国、ブラジル。。で、訴訟されると雇用主は大抵負けることになるので、労働者の権利も保たれているんだとか。

日本からブラジルへ渡航したばかりの頃、知人から「ブラジル人は訴訟を起こすのが好き。」と聞いたことがあったのですが、ここにきて、ようやく点と点が繋がりました。笑

休暇の取得について

日本でも労働者の権利として有給休暇の制度がありますが、「自分の仕事が忙しすぎて休んだら仕事が回らない。」「自分で自分の首を締めるだけ。」「だから取得しない!」みたいな人もいたり、「上司・先輩が取得していないから取得しづらい。」とか「たくさん有給取得しているとどこからともなく嫌味が聞こえてくる…。」とか。

職場によっては取得しづらい雰囲気があったりもしますよね。かくいう私は有給休暇すべて使い切っていたタイプですが。笑

嫌ですね、日本って。。。陰険!苦笑

ブラジルでの私の職場は(上に書いたような)そんな陰険な雰囲気なんて微塵も感じないし「自分がいないと仕事が回らない。だから休めない!」とかって人もいません。休んだ人の穴は出勤している他の人が対応しているし、いなけりゃいないでなんとか回るんです。笑

..コーヒーショップ

.

あと、休暇予定日が他の人と被るから他の日にする(他の日にしなければいけない)っていうのもあまりなく、「今日こんなに休みなの?!」みたいな日もあります。笑  そんな日に出勤した人はハズレくじを引いた感満載になりますが(笑)だからといって誰も文句を言うこともなく、そういった意味ではみんな平等だな〜と思ったりもします。

あくまで私の職場の話です。他の会社や企業なんかはどうかわかりません。

でも、労働者の意識は日本とは随分違うようにも感じます。ブラジル人でももちろん日本人のように(って「日本人」を棚に上げるのもなんですが)勤勉で真面目に仕事に取り組む人もいるし、責任感の強い人や気配りできたり空気を読む人もいるし。テキトーな性格の人達で溢れているわけでは全然なく。笑

でもなんていうか、オンオフがすごくはっきりしている感じ!! これはすごく気持ちがいいですね、一緒にいても。

.

まぁ日本人の感覚と違うのが全て良いわけでもなく、逆に「え……。」ってびっくりしてしまうものもありますけどね!笑

.

.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました