WordPressアップデート・スキン変更につき、レイアウト修正中

【移住者が教える治安対策】ブラジルで何を気をつける?被害に遭わないために

ブラジルブラジル

多くの人が持っているであろうイメージの通り、ブラジルの治安は決して良いとは言えません。移住して、日本がどれだけ安全な国なのか痛感したほど。

ここでは、安全セミナーで学んだことや、私がしている治安対策をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

領事館主催の「安全セミナー」に参加したよ

ブラジル

先日、在ブラジル総領事館主催の「安全セミナー」に参加してきました。

セミナー冒頭でブラジルにおける殺人事件の減少についてが話され、喜んだのも束の間、殺人事件の代わりに強盗や窃盗、車両盗が増えているとのことです。。

治安が悪いのは変わらないってことだね。

「もしも」の時には警察や領事館が助けてくれるとしても、まずは自分の身は自分で護るという意識が重要だと講師の方がおっしゃっていました。

そうですよね。被害に遭わないのが一番ですからね。

日頃からできる治安対策

beach

不用意に出かけない

とは言うけど、実際問題これは難しい(笑)

旅行で来られる方であれば尚更ですよね。

長い時間かけてブラジルまで来たのに、ホテルに閉じ籠りっぱなしだなんてもったいない!

出かけるときは外務省から発信されている最新の安全情報などを確認して、周囲に注意しながら歩くこと

このエリアは空気がよどんでいるな…というのは不思議ですが、案外感じることができます。

なので、そういった所は行かないように。

興味本位で侵入すると痛い目に遭ってしまうかもしれません。

私は出かける時、数歩進むごとに後ろを振り返っています!

不審者が付いて来ていないか、用心しながらいつも歩いていますよ。

こまめに振り返りすぎて、かえって不審だと思われているかもしれないけど(笑)

目立った行動はしない、目立った格好はしない

迷彩

せっかくの旅行であれば気分も高まりますし、オシャレをしたい気持ちもわかります。

でも、日本人らしいオシャレは避けた方が良いでしょう

"日本人らしいオシャレ" って定義も曖昧だけど。

私にはごくごく普通だと思う格好でも、ブラジル人の夫に言わせると「そんなオシャレして!危ないよ!」とのこと。。

主人は私に対してとても過保護なので、余計にそう言うのかもしれません。

超絶テキトーな格好でいると何も言わない。

そうゆう時に限って友達に会うんだよね…。

外で携帯電話を使わない

スマホ

これはよく言われることだね。

ブラジル人も外でもよくスマホを使っていますが、彼らが使っているからといって真似しない方が身のためです。

"歩きケータイ" をしないこと

地図を確認したりUberを呼ぶときも、お店の中など安全と思われる場所に入ってからにしましょう。

ケータイの中でもiPhoneは特に狙われやすいようです。

貴重品は分散して持つ

現金やクレジットカード、旅行であればパスポートやその他証明書など、一箇所にまとめがちですが、盗られたら一発でパーです。

貴重品は分散して所持すること

私は財布とは別に裸銭のままポケットに入れておくこともあります。

あとは、まさかお金が入っているとは思われないようなもの(飴の袋とか)に入れておくのも良いと聞いたので、それをかばんやズボンのポケットなどに入れています。

日本では時々見かけますね。「盗ってください」と言わんばかりにおしりのポケットに長財布を入れている人。

日本ではいいですが、ブラジルではしないでください。すぐ盗まれますよ。

上に書いた「飴の袋」ってこんなやつ(笑)

 

ダミー財布を用意する

street-art-

これは「もしも」の時に泥棒に差し出す財布です。

もしもの時は抵抗せずに、指示された物を差し出すと泥棒は去って行くと言われます。

抵抗するとそれ以上の危険な目に遭うことも十分に考えられるので…。

冗談ではなく、本気で…。

ただダミーとはいえ、ダミーすぎるものも危険だとセミナーで言っていました。

例えば、ダミーのクレジットカードを入れておいたとします。

泥棒の要求でお金を引き出すよう言われたけど、ダミー故にお金が引き出せない。

それによって逆上されてしまうケースもあるんだとか。。

私は少額しか入れない財布も持ち歩いています。

クレジットカードや身分証は別の財布。

万が一盗られても、被害が少なく済めばといいなと思って。

 

支払いはクレジットカードやデビットカードを使う

お金

カード被害であればカード会社や銀行が補償してくれるでしょうが、現金の場合は100%戻ってこないでしょうね。

日本は落とした財布が戻ってくる素晴らしい国ですが、ブラジルはそうではありません。

ブラジルは100円程度の買い物であっても、カード決済が可能なお店がとても多い!

カード支払いの場合、ブラジルでは日本のようなサイン式ではなく、暗証番号を入力するタイプと、Suicaのようにピッとかざすだけで決済ができる2タイプが主流です。

治安を気にしなければ、本当に便利でしかない!

日本国外で日本発行のカードを使用すると手数料など発生しますので、契約されているご自身のカードをご確認くださいね。

. 

現金を引きおろす時は安全な場所で

ATMを利用する場合は可能な限り日中に、銀行やショッピングセンターなど安全と思われる場所で行うこと。

しかし、ATMでのスキミング被害もあるようなので、カード挿入口やパスワード入力のあたりが怪しい立て付けになっていないか気をつけた方が良いとのことです。

とはいえ、通常バージョンを知らないとなかなか判断が難しそうだけど。

旅行であれば他通貨からブラジルの通貨「レアル」への換金所ですね。

換金直後を狙う泥棒もいるかもしれません。

こちらも可能な限り日中に、安全な場所で行いましょう。

 

クレジット・デビットカードはお店の人に手渡さない

ブラジル

レストランなどでの支払い時、日本では店員にカードを手渡すこともありますよね。

ブラジルではテーブル会計の場合、店員がカードリーダーをテーブルまで持ってきてくれます。

日本のようにカードを店員に預けることはありません

もしカードを手渡した場合、レストランの奥で何が起きているかわかりませんよ。

日本感覚でカードを預けてしまわないように。

それがブラジルでは普通じゃないってことも覚えておいてね。

夜間のタクシー利用&カード支払いにも注意ですよ。

昼間であればドライバーがどんな行動(手元での作業)をしているか見えますが、夜間は多少の怪しい行動すら見えにくいものです。

支払いのためにカードを手渡したつもりが、その瞬間に悔しくも自分の目の前でスキミングが行われてしまうなんてことも…。

実は、この手の被害に遭った友達がいるよ。お金は戻ってきたけど、手続きはすごく大変だったみたい。

このような状況になったらそもそもカード支払いをしないこと

もしくは、ドライバー情報や評価がわかるUberを利用するのも被害を防ぐことに繋がるでしょう。

セミナーでこんなスキミング防止カードもおすすめしてたよ!

レッツ!ブラジル旅行

海

つくづく日本は安全だと感じます。その安心感に慣れた状態ではブラジルでは危険かもしれませんね…。

「ここは日本じゃないんだ」という意識を忘れずに!

ブラジルは広大でたくさん魅力がある国だよ。

治安対策さえしっかり行えば、楽しい素敵な旅になるでしょう!

以前は旅行であってもビザを取得しなければいけませんでしたが、それも免除されたので、煩わしさが一気になくなりました。

少しばかり日本から遠い場所に位置しますが、是非とも素敵なブラジルに出会いに来てみてくださいね〜

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました