WordPressアップデート・スキン変更につき、レイアウト修正中

【ブラジルの化粧品】あの‘化粧水’って化粧水じゃないんだ‥泣(O Boticárioを使用してみて)

Independência- São Paulo海外生活
Independência - São Paulo
スポンサーリンク

これは化粧水なのか…?

洗顔後に化粧水をパシャパシャ浴びたいんです。そして、乳液を。特別なケアがしたいとか高い化粧品が欲しいとか贅沢を言うわけではなく、ごくごく普通にお肌を保湿したいんです。

年齢的にも乾燥はこわいぞ!こわいぞ!

 

今まで当たり前と思ってきたことが、ここブラジルでは当たり前ではなく。「ブラジルでなかなか化粧水を見つけることができない…!」という悲痛な叫びを以前書きました。

.

.

.
そして、ここにきて驚きの事実が…!

O Boticárioトニック

O Boticário(オ・ボチカリオ)という自然派コスメブランドの化粧水、クリーム、アイクリームを使ってみたので、その使用レビューをしたのですが、その後、ふと… 化粧水のパッケージを目にしてみると、
.

え…、『 Tônico Facial / Remove excesso de oleosidade /
Não resseca / Ideal para todos os tipo de pele 』……。(唖然)

..

"Remove excesso de oleosidade"って「過剰な油分を取り除く」って意味なのですが…。
.

いやいやいや…!保湿したいのに油分取り除いちゃダメでしょ!!

.
この時ようやく気づいたのです。

疑問に思っていた点と点がピーンと繋がったというか。。これは保湿用の化粧水ではなく、メイク落としの前に使うリムーバー化粧水だったのです。衝撃的事実に唖然とした私…。

.

DrogariaやFarmácia(薬局)で、何度となく「化粧水(トニック?ローション?)が欲しいんですが〜?」と尋ねると、気づくと?いつも店員さんは Sabonete(メイク落とし)の話をしてるんですよね。

.

いやいや、だからSaboneteは要らなくて化粧水が欲しいんだけど…。

.

先日行ったDrogariaでも「このトニックはSaboneteの前に使って〜」と丁寧に対応してもらったのですが、「いやいやだから違うんだって…。」と。

ポルトガル語が拙すぎてうまく説明もできなく、且つ理解できなかったのかと思っていたけど(ポルトガル語が拙いのも理解が乏しいのも確かだけど。)そもそも使うアイテムや認識が日本とブラジルでは異なるようで…。

.
.

バスタブ

.

..

これがブラジル式になるのかな??

この3.の部分はまだよくわからず、大いに悩んでおります。。

1. 化粧水(トニック): 過剰なメイク汚れ(目元などの濃いメイク)を落とす
2. 洗顔: メイク落としと洗顔フォームが一緒になったオールインワンタイプが主流
3. 保湿: 保湿用の化粧水は使わない??クリームだけ??

.

日本にもメイク落としウォーターはあるけど、「化粧水」って言ったら保湿用の化粧水がパッと浮かぶじゃないですか。そもそもそこの認識が違うのか…と。。

.

そりゃ、保湿用化粧水だと思ってメイクリムーバーをバシャバシャ顔に付けてたら乾燥するよね…。むしろ手でパシャパシャやるのが良くないのかと思って、コットンでパッティングなんてしちゃったし(苦笑)

.

初めにパッケージを見ろって話なんですが、スッと文字(ポルトガル語)が理解できなかったのと、買うときに選択の余地もなかったので、これを使うことに何も疑問を持たずでした。

.

O Boticátio クリーム洗顔後につける保湿用クリームとして購入した O Boticárioのこのクリーム。

整肌&保湿用の化粧水を使わずに、保湿力が弱い(と思われる)これしか付けないってのはやっぱり私(の肌)には厳しい気がします。

そもそも、化粧水と同じくこれも保湿用クリームじゃないってオチはないよね…??笑

.

(O Boticário 商品画像出典:https://www.boticario.com.br/

.

.

.

.

物価と価値観

ブラジルの通貨はレアル(R$)。レアルを単純に日本円換算すると「こんなもんかー!」と思ったりするのですが、日本とブラジルでは物価や価値観が異なるので、やっぱり日本円換算だけでの金銭判断はできないと思いました。

.

2018年10月現在で R$1=約30円。 

.

以前旅行でブラジルに来たときは「めっちゃ安っすー♬」とテンションアゲアゲだったのですが、現地での生活するとなると全然別ですね。

R$50 [約1,500円] もする化粧品なんて高く感じて、やたらめったら、とっかえひっかえ買えないなーと感じたりもするわけで。「化粧水がない!欲しい!買いたい!死活問題!!」と旦那に対して毎日のように散々騒ぎ立てましたが(笑)そりゃ旦那だって怒るわけだ。納得。

ただ、価値観は人それぞれなので「R$50」を安いと感じる人もいれば高いと感じる人もいるので、もちろん一括りにはできませんが、私には高いな〜と感じます。庶民なもので。

.

さて、基礎化粧品探しの旅はまだまだ続きます。

.

.

.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました