WordPressアップデート・スキン変更につき、レイアウト修正中

【海外移住準備】海外で使う携帯電話ってどうしたらいいの?②

phone手続き

日本から遠く離れたブラジルへの移住を決め、何から準備したらいいものか…。もはや、なくては困るものの一つですね、携帯電話。

海外で使うためには一体何が必要なのか? どのように準備したら良いのか? 考えても考えてもちんぷんかんぷん。(渡航予定である)半年後にキャリア解約することを踏まえ、当時契約をしていたSoftBankショップへと相談に行くことにしたのが前回。

↓この記事です。 

 

今回は、その続きになります。

 

スポンサーリンク

海外渡航に向けて:iPhone準備(バッテリー交換)

現在の契約状況を踏まえ、海外渡航に向けてどのように準備したら良いのか、どのようにプラン変更したら良いのか、キャリア契約をしているSoftBankショップで相談してきました。

提案してもらった中から、この案を採用することに!

提案その①

  • 加入中のオプション「あんしん保証パックプラス」で、使用中のiPhone6のバッテリー交換。その修理費の80%を保証してもらう
    - 保証(修理費)は月々の使用料からが差し引かれる
    - バッテリー交換はAppleの正規サービスプロバイダでないと保証が効かない
  • 加入中のオプション「機種変更先取りプログラム」を解約する
    - 今後おそらく(日本で)機種変更をすることがないので、このオプションは不要であろうという判断
  • メモ:修理費の保証を確認してから解約する
  • メモ:使用中のiPhone6はSIMフリーではないので、渡航先で使用する場合はWiFiエリアのみで使用可能
  • メモ:渡航先で使用する携帯電話(本体)は現地でどうにか調達する

 

 

まずは、"加入中のオプション「あんしん保証パックプラス」で、使用中のiPhone6のバッテリー交換。その修理費の80%を保証してもらう" を実施するために、正規サービスプロバイダを予約することに。

残念ながら、職場から一番近い正規サービスプロバイダであるビッグカメラはなかなか予約が取れず、少し足を運んで Appleの Genius berを予約することにしました。そして、Appleのさすがなスマートな対応に満足した記憶も。

 

iPhoneバッテリー交換後の修理代金還元について

バッテリー交換が終わると、このような「修理確認書」をもらいます。修理代金還元申請に必要な書類ですので、なくさないように気をつけてくださいね。

Apple
画像:バッテリー交換時に受領したGenius Barの修理確認書

 

修理代金還元申請はSoftBankショップでも可能です。ただ、パソコンや携帯端末から "My SoftBank" 経由で申請することもできるので、わざわざショップに出向く必要はないのでは…と思います。

私は携帯を使って "My SoftBank" でやりました。5分もあれば簡単に申請できるでしょう。必要情報を入力して、この「修理確認書」を撮影して添付するだけだったような。さらには、申請後に届く審査結果も申請した2分後にメールで受信!早すぎてびっくりしましたね。笑

 

.

海外渡航に向けて:現地で使う携帯電話の準備

海外渡航後、もちろん現地で携帯電話端末を購入することはできます。しかし、渡航予定のブラジルではかなり高額だと聞いていました。

Apple製品は特に高いんだとか。

海外で携帯電話端末を購入する場合の注意

  • 海外で購入する携帯電話端末は日本語切り替えができない可能性がある
  • (特にブラジルは)iPhoneは狙われやすい・盗難率が高い
  • (特にブラジルは)携帯電話端末が高額

 

これらを考慮し、私はこうすることに。

  • 日本で携帯電話端末を購入
    - 今まで使ったことのない「格安スマホ」の購入を検討
  • ブラジル現地でSIMを購入
  • 日本で使ってきたiPhoneは、ブラジル現地でメイン携帯としない
    - WiFi環境で、自宅でのみ使用(SNSなどの利用)

 

これをきっかけに「格安スマホ」や「格安SIM」を調べてみると、そのネーミングなだけありますね。かなりの破格じゃないですか!唖然…。知らないって損ですね。

キャリア契約をしてSIMフリーじゃない携帯電話を使っていること自体、無駄な出費なのね。

 

それはさておき、海外渡航後に使う携帯電話の調査は完了。現地で使う端末は家電量販店で店員さんに相談して決めることにしました。

 

海外渡航に向けて:もう使わない歴代のiPhoneの行方

クローゼットで眠っていた(処分に困っていた)iPhone3GS、iPhone4。コレクションとして保管しておいても仕方がないので、これを機に処分することにしました。それでも、そのまま捨てるのはもったいないな…と思い、フリマサイト『メルカリ』に出品。

 

iphone
画像:私が使ってきた歴代のiPhoneたち

 

携帯電話やタブレットなどの端末を出品・売却する場合は、データの初期化したりアクティベーションロックを解除したり、SIMを抜いたりなどなどの手順が必要です。あと、端末に保存されているデータや写真を(必要であれば)クラウドに保存したりとかね。

 

いまや携帯電話は生活になくてはならない大切なものですね。そのため不安が山積みになり、キャリアショップで相談したりネットで調べたりと、覚書がてら書き綴っていたのでブログ記事もなんと三本仕立て!

↓これが最終章です。

 

 

後日追記
iPhone3GSも iPhone4も、いずれも売却することができました。特にiPhone3GSは売れるかどうか心配していましたが、コレクターというのはいるものですね。助かりました。お買い上げありがとうございます!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました