WordPressアップデート・スキン変更につき、レイアウト修正中

【海外生活】DIY網戸!蚊を媒介するジカ熱・黄熱病から身を守る方法

蚊 mosquito海外生活

日本から遠く離れたブラジルへと移住。地球の裏側にあるブラジルは、日本とは何から何まで異なります。文化や国民性も違えば、時間も反対(時差12時間)、季節も反対。発生する感染病も違います。

ここでは「蚊対策」としてDIYした網戸をはじめとし、ブラジルの夏にまつわる不快な幾つかご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

夏の風物詩…「蚊」

ひまわり

 

ブラジルの季節は日本とは正反対。1月は夏真っ盛りです。この年、人生で初めて「40度」という気温表示を目にした気がします。

道路には至るところに気温と時刻が交互に表示される電子板が設置してあるので便利ですが、夏はこの数値(気温)を見るだけで一層暑さを感じます…。ブラジルの夏が本気出してきたぞー!40℃!暑いぞー!なんて思っていましたが、この暑さはさすがのブラジル(サンパウロ)でも異常なよう。温暖化のせいでしょうか、世界中で異常気象が続きますからね。これもその類かな。

 

 

さて、困るのは暑さだけではありません。夏の風物詩なんて素敵なものではありません。「蚊」、ポルトガル語では「mosquito(モスキート)」といいます。

明らかに私はブラジル人である主人より蚊に刺されやすく、「こんなに刺されやすい体質だったかな?」と考えてしまうほど。主人はブラジルの蚊に対して免疫でもあるのでしょうか。そして、私はその免疫がないのでしょうか…。

  

そもそも、蚊に対する免疫とかあるのかな?

 

 

ブラジルの蚊対策 - 網戸ネット

インテリア

 

日本であれば窓にはガラス窓と網戸、カーテンレールが標準装備されているのが一般的ですが、こちらブラジルは網戸もなければ、カーテンレールも標準装備ではありません(少なくとも我が家はそう)。

カーテンレールはホームセンターなどで購入して、自分たちで取り付けるのが一般的なのかな?網戸がないということは当然、網戸用の「サッシ」もないわけです。

 

日本で一般的な「網戸」はおそらくブラジルにはないでのはないでしょうか。売られているのはこの写真のような面ファスナー(ベルクロテープ)を使って窓に貼りつけるタイプの蚊除けネット。ブラジルはジカ熱の流行国にもなっているので、パッケージには妊婦さんと"Zika Zero"の文字が。

 

ブラジルの虫除けネット

 

とりあえず買って付けてみましたが、日本の網戸を知っているだけに、なんだかちょっと違う気もしなくもない…ですが、そこは妥協するしかないのかなと。

そんなタイミングで友人宅をお邪魔する機会があり、網戸の付いている窓を発見してびっくり。「これ欲しいのー」なんて話したら「作ったよ!」の返事に二度びっくり。笑

「網戸を作る」なんて私の辞書にはなかったもので「作ったよ!」の返事に感心しつつ、早速翌日ホームセンターに行って材料を買ってくることに。

 

 

蚊対策!網戸をDIYしたよ

 

材料はいたってシンプル。窓の大きさに合わせて網戸枠を作り、配線モールにネットを挟んでパチっと留めるだけ。

<材料> 

  • 電気のコードやLANケーブルなどを壁に納めるために使う配線モール
  • 配線モール用のコネクタ
  • 網(ネット)
  • カッター・はさみ
  • 粘着テープ

 

網戸用のサッシには配線モールの余りを使って作ってみたものの、プラスチックタイプでは風に負けてしまうという駄作に(笑)その後、強度のあるアルミ素材で作り直し、強風にも負けない網戸&サッシが完成しました!

やっぱり網戸のある窓は安心しますね。

 

網戸 DIY
網戸 DIY

 

蚊を媒介とする感染症:ジカ熱

蚊除け

 

ジカ熱(ジカウイルス感染症)は、中南米を中心に多数報告されている蚊を媒介とした感染症の一つです。妊婦や妊娠の可能性がある人がこのウイルスに感染すると、胎児に小頭症などの先天性障害を与える恐れがあるという怖いもの。

しかも、万が一感染しても「症状がない or 症状が軽いため」に気付きにくいとか。厄介ですね。

 

 

蚊を媒介とする感染症:黄熱病(おうねつびょう)

「ジカ熱」と同じく、「黄熱」も蚊を媒介して感染する病気の一つ。死者が出るとも言われています。日本にいるときは(幼い頃は)「蚊に刺されたらキンカン塗っておけば大丈夫!」みたいなノリだったのに、それではダメってことですね。

 

ブラジルで黄熱発生(2019.1)

本記事執筆の少し前、現地のニュースでブラジルの南部であるサンパウロ州とパラナ州の "州境に近いところ" で黄熱が発生し、8人が亡くなったというニュースを見ました。

 

「州境ってどの辺かな?」と思ってGoogle Mapsを開いたら、地図が球体になっててびっくりしたので(笑)思わず画像をペタリ。

 

地図(ブラジル)
画像引用:Google Maps

 

この地図のハートマーク(ピンクのマーク)があるところがサンパウロ。私はそこに住んでいるのですが、黄熱が発生したというパラナ州はそこからほんの少し離れたところ。想像していたより遥かに近くて焦りましたね。。

 

 

まとめ

日本からブラジルへ移住する前に黄熱ワクチンは接種してあるので、万が一感染してもひどい症状には陥らないだろうと踏んでいますが、媒介となるのが「蚊」というのは非常に厄介ですね。

自宅はマンションの4階(日本でいう5階)ですが、この高さまで蚊は飛んできます。ブラジルの蚊と日本の蚊は種類が違うのかな?網戸をつけたので自宅にいる時は少し安心ですが、出かける時には虫除けスプレーなどの対策を欠くことなく、大変な事態にならないように気をつけていきたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました