WordPressアップデート・スキン変更につき、レイアウト修正中

【海外生活:ブラジル編】ブラジリアン・バレンタインデーは6月12日?!「恋人の日」

love海外生活
スポンサーリンク

ブラジル人は情熱的?

ブラジル人というとなんていうかこう、とても情熱的なイメージがありますよね。何事にも熱い!激しい!みたいな(笑)そんなイメージ。

そう思うのはサッカーの影響かな…?

もちろん個人差はあるにせよ、カップルや夫婦、パートナーとの接触(笑)はやはり日本に比べて ‘熱い’ ですね。ただ「何事にも熱くて激しい!」とか「何事にも一生懸命!」というわけではなく…。

日本人には馴染みのないハグやキスの挨拶、いわゆる ‘熱い’ といわれる行動は、日本でいうところのぺこーっと頭を下げるお辞儀や会釈といった類のごくごく日常的な習慣なわけです。

mic

ブラジルに移住してすぐはこの挨拶が嫌で嫌で仕方なかったなー。今となっては良き思い出…(笑)

.

LOVE

.

コロナ禍で変わったなーと思うブラジル人の挨拶は、まさにこれです。

今までごくごく当たり前だったハグやキスといった挨拶は当然のことながら見なくなりましたね。それでも ‘タッチ’ はしたいようで、手(握手とかグーパンチとか)は避け、肘や腕をコツンと当てる姿を見かけるようになりました。

もちろん生活習慣・生活環境が違えば挨拶の仕方なども異なるので、決して ‘腕ゴツン’ がブラジル人の『普通』ではないです。あくまでブラジル人である私の旦那やその仲間達。そう、私の周りの愉快な仲間たち(笑)はこんなふうになりました、という話。

イヤイヤだったハグの挨拶もこうもしなくなると、あら不思議。恋しくなるものです。笑

.

ブラジルのバレンタインデー

『バレンタインデー』といったら2月14日ですね。そして、チョコレートをプレゼントするのが日本式ですが、お国が変わればバレンタインデーも違う。風習が違うどころか、そもそも日にちが違うっていう!笑

日本の反対側にあるブラジルではバレンタインデーは2月14日ではなく、6月。6月12日が『恋人の日』といわれる俗に言うブラジリアン・バレンタインデーです。

mic

ポルトガル語で Dia dos Namorados(ジーア・ドス・ナモラドス)って言うよ!

.
6月は『父の日』しかイメージがないので、未だにブラジリアン・バレンタインデーは覚えられず。しかも、ブラジルの『父の日』は8月っていうから、もう、混乱です…!笑

.

お菓子

.

「デートする?」「えー、どこも空いてないなぁ…。」っていうのが、今年のブラジリアン・バレンタインデーの旦那との会話。コロナ禍の影響で外出自粛令が解除されていないサンパウロは、未だにレストランも通常営業禁止中(デリバリーのみ可)。のんびり公園デートをするにしても、公園すら閉鎖中。

mic

案外、公園閉鎖ってきついかもしれない…。閉鎖してもう3ヶ月。

.
ブラジル人の友達はバレンタインデー(Dia dos Namorados)やパートナーの誕生日など、記念日には何かとラブラブな写真をSNS投稿する傾向が強いように感じます。もちろん『母の日』にはお母さん、『父の日』にはお父さんの写真を。家族やパートナーを大切にしているのがすごく伝わってきます。

..

女の子

.

それに加え、私が感じるのは『言葉』もそう。ブラジル人の性格なのか、はたまたポルトガル語がそういった性質を持っている言語なのかはわからないですが、日本語ではちょっと恥ずかしく感じるようなワードも自然にスラ〜っと並びます。

そんな『言葉』然り、ハグなどの挨拶や愛情表現も然りですが、感謝の気持ちやパートナー・家族を大切に思う気持ちを素直に伝えることを習慣にしているブラジルは、住んでいて心地良いです。

ブラジルライフに慣れてきた証拠かもしれませんね。

.

.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました