WordPressアップデート・スキン変更につき、レイアウト修正中

【ブラジルの年末年始】年越しに白い服を着るのはなぜ?

女の子海外生活

2020年は新型コロナウイルスの脅威に怯える大変な一年でしたね。まだまだ収束の兆しが見えず、人々の自由も奪われ続けています。2021年は心を病ませることがないような年になりますように!

と、冒頭から締めみたいな文言を並べてしまいましたが(笑)本当にそうですよね。

筆者はブラジル・サンパウロ在住ですが、こちらの現状や例年とは違う年末年始の様子をお伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

年末年始のサンパウロ、現在の状況は

クリスマス

サンパウロのコロナ対策として、クリスマス(12/25〜27)とお正月(1/1〜3)は「一番危険!超警戒!」と言われる "フェーズ1" に切り替わります。

当然、我々市民の生活にも影響が出てきます。

当該フェーズ1となる期間においては、商店、オフィス、レストラン、バーやその他文化施設などが対面での営業は禁止されます。他方、薬局、パン屋、スーパー、ガソリンスタンド、ホテルなど生活に欠かせないサービスの営業は認められます。

引用元:在サンパウロ日本国領事館から届くメールより

ソーシャルディスタンスを保てそうな公園すら閉鎖なんだよ。

例年とは様子の違うクリスマス

クリスマス

ブラジルでは国民の90%がキリスト教徒。そのうち74%がカトリックを信仰していると言われます。

そのため、ブラジルの伝統的な行事や風習はキリスト教由来のものがほとんどです。

クリスマスやカーニバルとかがそうだよ!

ブラジルではクリスマスはお正月より大切な行事。

家族とお祝いをするのが一般的!

日本のように「恋人と過ごすロマンチックな日」ではありません。

文化が違いすぎてカルチャーショックに陥ったこともありましたが、今はそれが当時の気持ちとは反対に、面白いな〜興味深いな〜とすら思えます。

例年であれば、筆者の(ブラジルの)家族も親族60人くらいで!大!集!合!

夜中までパーティーを繰り広げるはずですが、今年は一家族だけで(主人の両親と)しっぽりお昼ごはんを食べたくらい。

大規模パーティーよりこっちの方が気がラクでいいな〜

もちろん例年通り過ごすご家庭もあったようですが、筆者の周りでは規模を縮小したパーティーをしたというのを一番耳にしましたね。

家族が高齢というご家庭も多いでしょうから、やはり会うことにためらいを感じる人が多いのも事実。

それでもやっぱり、この日は家族と集まりたいもののようです。

今年はそのブラジル人が持つ「家族の大切さ」について、すごく感じましたね。

ただ騒ぎたいだけじゃなかったんだね〜

「師走」を感じないブラジルの年末

お正月はクリスマスより大切ではないと言いつつも、お正月はお正月でお祝いをします。

ある年の年越しには、ブラジル人である主人の友人達(みんなブラジル人)と集まってパーティーをしたりもしました。 

クリスマスよりお正月&年越しの方が自由度高いかも!

あとは、何と言っても日本で感じていたあの「師走感」というものは、全くのゼロです!

暖かいから? 雪が降らないから?

クリスマスが過ぎても世間ではまだまだクリスマスのデコレーションをしているから?

人々の忙しなさを感じないから? 

理由はわかりませんが、とにかく感じませんね(笑)

SNSで日本の友達の投稿を見て「そういえば!」って気づくとか。

ブラジルの年越しは「白いもの」を身につけるよ

画像引用:https://twitter.com/mauriciodesousa/status/1343992165836476422

ブラジルの新年は「白・赤・緑・オレンジ・黄色・青」のいずれかを身に付ける風習があります。

「白」を身につける人が圧倒的に多いと思うよ。

日本でも「結婚式で花嫁さんが青い物を身につける」という "サムシング・フォー(サムシング・ブルー)" がありますが、それと似た感覚でしょうか。

必ず身につけなければいけないわけではなく、言い伝え的なものです。

そのため特に気にしないという人もまた、多くいるようですね。

ちなみに、意味はこんな感じ!

意 味
Paz(平和)
Amor(愛)
Esperança(希望・期待)
オレンジ Energia(元気・パワー)
黄色Prosperidade(繁栄・富)
Serenidade(安息・安穏) 

今年も白を身につける予定だよ!

それではみなさん、よいお年を〜! Feliz Ano Novoooo!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました