WordPressアップデート・スキン変更につき、レイアウト修正中

【海外在住・体験談】アジア人差別と被害 〜 唾を吐かれた話

heart海外生活
スポンサーリンク

ブラジルにおけるアジア人差別について

日本から遠く離れたブラジル・サンパウロへと移住し、3年が経ちます。少しずつブラジルでの生活に慣れ始めてきた頃に現在のコロナ禍となったわけですが、それまでは「日本人(日本にルーツを持つ日系人も含む)」に対する差別はあまり多く聞きませんでした。

日本から移民船に乗ってブラジルへ渡った多くの方々(いわゆる移民、日系1世=日本人)の努力や勤勉さ、誠実さなどから信頼が買われ、そしてブラジル経済の発展などに大きく影響を与えたこともあり、ブラジルにおける日本人は「差別」ではなく「称賛」されるというイメージが一般的にあります。

 

 

新型コロナウイルスによるパンデミック以降は、多くの国で「アジア人差別」が増えたことをニュースやSNSなどを通じて知ることになりました。ブラジルでも同じです。

私たち日本人は、同じアジア人である中国人や韓国人とを見分けることはできます。しかし、ブラジル人には全て同じに見えてしまうわけで、一括して「アジア人」とされるわけです。それはブラジルだけではないかもしれませんが。

 

私も自分が属するアジア以外は見分けることができないし、そう考えれば当然なのかもしれないけどね。

 

中国人と間違われ、日本人も被害に(ブラジル・サンパウロ)

外出自粛が始まった20年3月下旬、サンパウロの中心部に住む駐在員の間で「『この中国人め!』とつばをはかれた」「タクシーから乗車拒否された」などの嫌なうわさが流れた。

引用元:https://www.jiji.com/jc/v4?id=202103cksa0003

 

とまぁ、コロナを境にアジア人差別が増えたのは事実かもしれません。しかし、移住したばかりの頃(つまりパンデミックが始まる前)スーパーのレジで後ろに並んでいたアジア系ではないご年配夫婦に「この中国人が…!なんちゃらかんちゃら!」と罵り気味に何を言われたことがあります。

当時は今以上にポルトガル語がちんぷんかんぷんだったので「中国人」という単語しか拾えませんでしたし、「わたし今、嫌なこと言われてるな〜 中国人じゃないしな〜」と思いながらスルー。むしろ、ポルトガル語がわからなくてよかったかもしれません。笑

 

 

窓ガラスに唾を吐かれました

私が暮らすのはアジア系の中でも特に日系人が多く住んでいるエリアで、日本食材を売るお店や日本食を扱うレストランも多くあるような場所です。

とある日、車で出かけ、まもなく家に着くかな〜という曲がり角。スピードを落としての走行中に被害に遭いました。窓ガラスに唾を吐かれたのです。

 

sad

 

ブラジルでは日本とは反対で、車は車道の右側を走り、左ハンドルです。歩道側に助手席がありますから、おそらく歩道を歩いていた人に唾を吐かれたのでしょう。でも犯人の姿は目撃しませんでした。

 

日本と同じ「左側通行」「右ハンドル」って世界的に少ないほうがなんだね。

 

はじめは鳥のフンでも落ちてきたのかな〜と思ったんです。でも助手席側の窓ガラスは垂直なので、鳥のフンがべったりと付くことは考え難い…。よくよく見ると痰混じりの粘性があるものだったので(汚くてすみません)鳥のフンではないことがわかりました。

被害直後、車の前方に犯人らしき姿はありませんでした。そのまま後方へ逃げたのではないかと推測しますが、状況を把握するまでに少しロスしてしまったのでサイドミラーでの確認もできませんでした。

でも犯人の姿を見なくてよかったかもしれません。見ていたらもっと怒り心頭していたかもしれませんし、運転していた主人も「見ていたら喧嘩してた」と言っていました。(喧嘩はやめてー!)

 

犯人の姿も見てないし「アジア人差別」というのは被害妄想かもしれないけど。

 

 

ブラジルでは運転中の車中でも注意が必要

日本ではちょっと考え難いことですが、ブラジルでは走行中の車であっても、外から車中に手を伸ばされスマホなどが盗まれるということが多々あります。領事館から届く邦人被害のメールでもこういったケースは決して少なくありません。

 

carro

 

そのため普段から走行中(私は助手席)であっても、外から手を入れられないように少ししか窓を開けていません。全開であれば窃盗の恐れも高まりますし、今回のように唾を吐かれたりしたら精神的苦痛も相当なものですからね…。引き続き、気をつけようと思います。

 

改めて「ここは日本じゃないんだ」「私はアジア人なんだ」と。平和ボケしていてはいけないなー!と思わされた出来事でした。途中、汚い話ですみませんでした。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました