WordPressアップデート・スキン変更につき、レイアウト修正中

【ポルトガル語】-nho, -nha 表現の幅を広げる便利な言葉

ブラジルポルトガル語

日本から遠く離れたブラジルへと移住。ブラジル人である主人との会話の中でポルトガル語の「-nho」と「-nha」の使い方について、新たな発見がありました。

どんな風に使うとよいのか。また、どんな風に使うといけないのか。それをここでは紹介していきますね。

スポンサーリンク

サッカー選手「ロナウジーニョ」の本当の名前は?

ブラジルの有名な元サッカー選手、ロナウジーニョ(Ronaldinho)をご存知でしょうか。

サッカーファンじゃなくても知ってるくらい有名な選手だよね!

筆者はポルトガル語を勉強するまで、彼の "本当の" 名前を知りませんでした。

そう、彼の名前は Ronaldo(ロナウド)。

ロナウジーニョ(Ronaldinho)はニックネームで、"ジーニョ" は親しみを込めて呼ぶときに使う接尾語なのだそう。

ちなみに、彼の名前をポルトガル語読みすると Ronaldo(ホナウド)。だから愛称も ホナウジーニョになります。

ポルトガル語:-nho, -nha の使い方 ①

Bonitinho(ボニチーニョ)なハリネズミ。かわいいですね。

「ロナウジーニョ」のように人の名前に -nho, -nha を付けて呼ぶこともありますし、かわいいものや小さなものを表現するときにも使います。

たとえば、こんな感じ!

日本語ポルトガル語-nho, -nha 形
かっこいいBonito(ボニート) Binitinho(ボニチーニョ)
かわいいBonita(ボニータ)Bonitinha(ボニチーニャ)
コーヒーCafé(カフェ)Cafezinho(カフェジーニョ)*小さいコーヒー
お皿Prato(プラート)Pratinho(プラチーニョ)*小さい皿
スーパーなどの袋  Sacola(サコーラ)Sacolinha(サコリーニャ)*小さい袋

日本語の名詞には性の概念はありませんが、ポルトガル語には「男性名詞」と「女性名詞」があります。

男性名詞には -nho を、女性名詞には -nha をつけます。

レストランで実験:"Cafezinho"は本当に通じるのか

Cafezinho = エスプレッソカフェ

Café(コーヒー)に -nho をつけると、Cafezinho(カフェジーニョ)。

「かわいいコーヒー」ではなく「小さいコーヒー」。すなわち「エスプレッソコーヒー」という意味になります。

ブラジルのレストランでは "Café" って言うと基本的にエスプレッソを指すよ。

エスプレッソではないコーヒーは Café americano(カフェ アメリカーノ)。アメリカンコーヒーですね。

日本でいうところのコーヒーはこの Café americano になります。

まぁそう聞いてはいたものの、ずっと疑い続けていました(笑)

本当に Café はエスプレッソなのかな?

現地のレストランで働いていた時「Café ちょーだい!」とオーダーを受けると、必ず確認していました。

「Cafezinho ですよね?」と。

純粋にオーダー間違いするのも嫌だったし、ポルトガル語がわからないからオーダーを間違えた…みたいにも思われたくなかったからね〜

そして筆者の疑問を晴らしてくれるかのように、お客さんの返事は 100%「Sim!(はい)」

Caféは Cafezinhoということが判明しました。(筆者調べ)

むしろ「他の種類もあるの?」なんて聞かれたことも何度かありましたね。

気をつけなければいけない:-nho, -nha の使い方

このような小さな子供なら"Bonitinho, Bonitinha"で大丈夫!

Bonitinho(ボニチーニョ)や Bonitinha(ボニチーニャ)は、基本的に子供や動物などに対する「かわいい」に使います。

大人の男性や女性には使わないようです。

使わないというより、大人の男性や女性に対して言うと少し「失礼になる」ようなので、使わない方がよいとのこと。

「かっこいい!とまではいかないけど、少しかっこいい…。」

「かわいい!とまではいかないけど、少しかわいい…。」

こんな風に少し微妙なニュアンスに聞こえてしまうんだとか。

要するに「かっこよくない」「かわいくない」ってことだもんね。そりゃ確かに失礼だよね。

大人の男性には「Bonito」や「Lindo」(かっこいい・素敵・イケメン!)」を。

大人の女性には「Bonita」や「Landa(かわいい・美人・べっぴん!)」と言うのがベスト。

私はなんとかの一つ覚えで Bonitinho, Bonitinha を多用していたので(笑)主人から教えてもらえてよかったです。

いくらポルトガル語勉強中の身とは言え、失礼なものは失礼ですからね。

ポルトガル語:-nho, -nha の使い方 ②

とある日。レストランの同僚が言った言葉にハテナがいっぱいに。

(風を浴びるように)両手を広げながら、

同僚
同僚

Está fresquinho!(エスタ フレスキーニョ)

え。Fresco(フレスコ)が かわいいってどういうこと??

Frescoは「涼しい、冷たい」という意味の単語。

「涼しい」が「小さい」とか「かわいい」とか理解することができず、「どうして Fresquinhoなの?『涼しい』はかわいいの?」と同僚を困らせてしまいました(笑)

この場合はこのような解釈をするようです。

対 象意 味
対象が「もの」対象物のサイズが「小さい」or「かわいらしい」 
対象が「もの」じゃない  対象の程度が「小さい」or「弱い」

なので、「涼しい」が「かわいい」というわけではありませんでした(笑)

「少し涼しい」や「少し寒い」という訳ができますが、心地が良いと感じる気候のときによく聞く気がしますね。

まとめ

男の子

筆者は -nho や -nha を「ポルトガル語の表現を広げるポジティブな便利アイテム」だと思っていました。

そう、日本語の美化語(お花やお箸の「お」のこと)のように、言葉そのものの印象を良くするものとばかり。

でも使い方によってネガティブな意味が含まれるなんて…。

でもそれと同時に言語に対する興味深さも湧いてきましたね。

だから言語っておもしろい!

終わりなき言語の旅は、まだまーだ続きますっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました